コラム

昔から日本には、稲には稲魂や穀霊が宿った神聖なものだと考え、稲作信仰が浸透していました。
稲から採れる米は、人々の生命力を強める神聖な食べ物であり、米をついて固める餅や、米から醸造される酒はとりわけ力が高いとされています。
そのような考えから、お正月の鏡餅や端午の節句での柏餅のように、おめでたい行事には行事食として定着しているのです。
日本の行事文化の中でも、特に重要視されているお正月ではお餅の存在はかかせません。
以前は家族や近所の人たちとの、年末の恒例行事として多くの人たちがお餅つきを行っていましたが、核家族化が進み、地域での交流も薄れていく現在、お餅つきをしたことのない人もいるのではないでしょうか。
改めて日本文化の継承や地域の活性化のために、お餅つきを行う企業や地域団体が増えています。
そのような流れから、最近ではお餅つき道具がレンタルできたり、食材や経験豊富なスタッフがお餅つきを盛り上げてくれたりするお餅つきケータリングがあります。
手軽に楽しめ盛り上がるイベントのお餅つきケータリングについて知っておきましょう。

新年会のために餅つきに必要な道具を購入するのは勿体無いですが、レンタルであれば購入するよりも安くて便利であるため、簡単に餅つきが楽しめます。様々なシーンで活躍するでしょう。

・・・つづきはこちら

餅つきをするにあたって、臼や杵など様々な道具が必要になりますが、レンタルすると手軽に楽しめます。子ども会で餅つきをする際は、スタッフのサポートがあるレンタル業者を選ぶと安心です。

・・・つづきはこちら

ページの先頭へ